日立ハピネスプラネット

企業経営に、ハピネス・マネジメントを。

日立ハピネスプラネット

変化に強くなるには

 

矢野和男

 

このコロナ禍は、我々に大きな変化を突きつけている。

 

ここで大事な問いがある。
人や組織が「変化に強くなること」は可能だろうか。

私は、社会人になって既に36年たったが、
最初の20年ぐらいは、日本がイケイケの時代だった。
特にその象徴が半導体事業だった。
産業のコメと呼ばれ、日本勢が世界シェアの半分を占めるまでに至った。
その勢いの中で、仕事ができた。それはそれで大変幸運なことだった。
しかし、よい状態というのは、長続きしない。
今から17年前に、日立が半導体事業をやめることになった。
私としては20年培ってきたスキルや人脈が使えなくなるという残念な状況になった。(後から振り返ると、それまで蓄積してきたことは、結局すべて活用できた)。

ここで私が思ったこと、それが「変化に強くありたい」。
長年やってきたことが一夜にして無駄になる、ということはもう経験したくない。そう思った。

そもそも、なぜ半導体はあれほど輝いていたのに、
これほど簡単に衰退してしまったのだろうと考えた。
私の答は、半導体が単なる部品であり、情報の記憶や計算の
手段でしかないから、というものだ。
状況が変わると手段は変えざるをえない。
だから、手段は変化に弱いのだ。そう考えた。

一方、状況が変わっても変わらないのは、目的である。
より目的に迫ろう。それが「変化に強くなる」ための秘訣である。
ただし、目的には常により上位の目的がある。
変化に究極まで強くなるためには、
究極まで上位の目的を目指すべきと思った。

半導体ではなく、その目的の計算処理へ。
いや、計算処理ではなく、その目的のITを使ったサービスへ。
いや、ITのサービスではなく、その目的のユーザーの価値へ。
いや、ユーザーの表面的な価値ではなく、その上位にあたる目的へ。

それは、人の幸せ(ハピネス)以外にない。
幸せよりも上位の目的は考えにくいと思った。

全文は下記を参照ください。

https://comemo.nikkei.com/n/nc7c2c5528150

アプリを体験!

公開コミュニティで多くの機能をお試しいただけます(無料)。
※アカウント登録が必要です。Apple Watchは将来対応予定。

ダウンロードはこちらから!

ブラウザ版

お問い合わせ

お問い合わせ・資料請求は下記のフォーマットにて入力してください。